ウルソデオキシコール

ウルソデオキシコール

 

◯ この薬は

利胆薬です。胆汁の流れを良くすることで肝臓の状態を改善します。

 

 

◯ 作用

ウルソデオキシコールは胆管系細胞保護作用がある親水性胆汁酸であり、肝臓に対して毒性がある疎水性胆汁酸を減少させる。また免疫調節作用などもある。

 

 

◯ 効能

胆汁うっ滯性肝疾患、慢性肝疾患、胆石溶解などに使用します。

肝毒性のある胆汁の流れを改善することで、肝障害が軽くなります。

投与量は体重に合わせて、1日1〜2回です 

 

 

◯ 副作用

長期間飲み続けてもほとんど副作用はありません。まれに嘔吐や下痢があります。

 

 

◯ 相互作用

アルミニウムを含む薬と併用すると効果が減少する。

 

 

◯ 注意

胆管が完全に詰まっている場合は使用できません。

副作用が少なく長期間投与しても安全性が高い薬です。

 

 

処方してから1ヶ月以上経過した薬は、変性する可能性があります。

余った薬は置き薬にしないで廃棄してください。